介護付有料老人ホームとは

有料の老人ホームには介護付有料老人ホームや住居型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームなどと言った種類があります。

その中の介護付有料老人ホームは日常生活である食事や入浴、排泄などと言った健康管理や掃除、洗濯などにおいて介護サービスを提供してもらうことができる施設で、65歳以上の認知症や医療ケアが必要とされる介護を必要とされる方のための住居施設です。



介護付有料老人ホームの入居は基本的に入居一時金と月額利用料が必要となります。



立地条件や施設内容に応じて個々の介護付有料老人ホームで料金が異なるため、入居一時金の支払いがないと言う施設もあります。

月額利用料には家賃や水道光熱費、食費、管理費などが含まれますし1割負担となる介護保険料も含まれたり、医療費やおむつ代などの雑費が必要に応じてかかってくるので入居の際には事前に確認しておくことも大切になります。


基本的な入居条件としては65歳以上で、要介護度1以上ですが施設によっては健常者も入居できる混合型である場合もあります。



介護付有料老人ホームには介護スタッフが常駐しており、医療機関と連帯を取りながら健康管理のための医療ケアを提供したり、24時間看護が充実しているところも多いです。

施設の管内もバリアフリーが基本で手すりや緊急通報装置なども設置されていて、寝たきりの場合にも入浴が可能であったりと日常生活を送りやすいように考慮されていますので、入居される方だけではなくそのご家族にも安心です。

MENU